畜産ZOO鑑
トップページへ

WWW 検索 zookan.lin.gr.jp 検索
よろず畜産
乳用牛 肉用牛 豚 鶏 馬 めん羊 山羊 特用家畜
酪農(らくのう)って何? 乳用牛のからだのひみつ ぼくにも乳用牛、飼えるかな? 牧場へ行こう 乳用牛とは大昔から友だちだった 栄養たっぷり、おいしいね

乳用牛トップ >> 乳用牛とは大昔から友だちだった >> 白黒の牛だけじゃない【乳用牛の品種】 >> ホルスタイン種

乳用牛とは大昔から友だちだった  

改良を重ね、たくさんの牛乳を出せるようになった【酪農の歴史】

白黒の牛だけじゃない【乳用牛の品種】

おいしい牛乳のできあがり【牛乳が市場に出るまで】

クローン牛って知っている?【酪農の現状と新技術】

ホルスタイン種(Holstein)

写真1
「乳用牛の女王」ホルスタイン種のメス
写真2
産肉性が高いホルスタイン種のオス
写真3
イギリス型のブリティッシュ・フリーシアン種

乳用牛の女王

 明治時代から日本に輸入されている乳用種で、原産地は、ライン河河口の低湿地であるオランダのフリーネ地方や、品種名の由来となったドイツのホルスタイン地方です。正式にはホルスタイン・フリーシアン種といいますが、日本では省略してホルスタイン種と呼んでいます。
 毛色は黒と白の斑紋(はんもん)です。しかし、体格を大型にするために改良の途中でショートホーン種を交配した影響が残る赤白斑も稀(まれ)にあり、以前は失格とされて登録が認められませんでしたが、今では名号の末尾にREDをつけて登録されています。

 ホルスタイン種は「乳用牛の女王」と呼ばれ、全世界で広く飼育されていますが、地域によって体型が若干異なります。アメリカ型は四肢が長くて体高が高く、体型が角張った乳専用タイプです。ヨーロッパ大陸型は後躯(く)の肉付きがよく、乳用種ではありますが、生産物としては乳と肉の両方を目的としています。これらの中間のタイプであるのがコンパクトな体で四肢が短いイギリス型で、ブリティッシュ・フリーシアン種と呼ばれています。性質は穏和で飼育しやすく、寒さに強いのですが暑さには弱く、体質はそれほど強健ではありません。
 ホルスタイン種の産乳能力は年間6000-8000kgときわめて高く、中には年に2万kg以上を生産するスーパー・カウもいます。乳脂肪率は3-4%で、カロチンをビタミンAに変えて乳汁中に出すので、乳は黄色味が薄く、白いのが特徴です。しかも、乳用牛としては産肉性が高く、1日増体量は1.1kgです。現在日本の牛肉生産の中で、ホルスタイン種のオスの肥育は重要な位置を占めています。


動画を見る(「ホルスタイン種」wmv形式 11.5MB 2分01秒)

get_wmp ※動画をご覧になるには、Windows Media Player が必要になります。再生されない場合は、こちらのページでダウンロードしてください。

©2005 Japan Livestock Industry Association All Rights Reserved.