畜産ZOO鑑
トップページへ

WWW 検索 zookan.lin.gr.jp 検索
よろず畜産
乳用牛 肉用牛 豚 鶏 馬 めん羊 山羊 特用家畜
酪農(らくのう)って何? 乳用牛のからだのひみつ ぼくにも乳用牛、飼えるかな? 牧場へ行こう 乳用牛とは大昔から友だちだった 栄養たっぷり、おいしいね

乳用牛トップ >> 乳用牛とは大昔から友だちだった >> 改良を重ね、たくさんの牛乳を出せるようになった【酪農の歴史】

乳用牛とは大昔から友だちだった  

 改良を重ね、たくさんの牛乳を出せるようになった【酪農の歴史】

白黒の牛だけじゃない【乳用牛の品種】

おいしい牛乳のできあがり【牛乳が市場に出るまで】

クローン牛って知っている?【酪農の現状と新技術】

 
 

改良を重ね、たくさんの牛乳を出せるようになった【酪農の歴史】

写真1 南フランス・ラスコーの洞窟画 写真2 牛は1万年も前から人に飼われている
写真3 明治時代、東京にあった牧場

 新石器時代にオーロックという牛の原種を飼いならしたのが、家畜としての牛の起源だといわれています。
 現代では、牛の成績表である「牛群検定」を利用して、能力の高い牛たちだけを増やすようにしています。その結果、おいしい牛乳が効率よく生産できるようになりました。