畜産ZOO鑑
トップページへ

WWW 検索 zookan.lin.gr.jp 検索
よろず畜産
乳用牛 肉用牛 豚 鶏 馬 めん羊 山羊 特用家畜
酪農(らくのう)って何? 乳用牛のからだのひみつ ぼくにも乳用牛、飼えるかな? 牧場へ行こう 乳用牛とは大昔から友だちだった 栄養たっぷり、おいしいね

乳用牛トップ >> 乳用牛とは大昔から友だちだった >> クローン牛って知っている?【酪農の現状と新技術】

乳用牛とは大昔から友だちだった  

改良を重ね、たくさんの牛乳を出せるようになった【酪農の歴史】

白黒の牛だけじゃない【乳用牛の品種】

おいしい牛乳のできあがり【牛乳が市場に出るまで】

 クローン牛って知っている?【酪農の現状と新技術】

 
 

クローン牛って知っている?【酪農の現状と新技術】

写真1 牛の受精卵 写真2 液体チッソで受精卵を凍結保存する
写真3 受精卵移植作業 写真4 受精卵移植で生まれた七つ子

 核移植(受精卵の中の核をほかの卵子に植えこむこと)などの方法で生まれた、同じ遺伝形質をもつ牛たちをクローン牛といいます。優秀な遺伝子をもつ牛を、短期間にたくさんつくりだすことができます。
 そのほか、牛にエサを与えるロボットなど、最新の技術が酪農の現場にも活かされています。

 
 

©2005 Japan Livestock Industry Association All Rights Reserved.