畜産ZOO鑑
トップページへ

WWW 検索 zookan.lin.gr.jp 検索
よろず畜産
乳用牛 肉用牛 豚 鶏 馬 めん羊 山羊 特用家畜
酪農(らくのう)って何? 乳用牛のからだのひみつ ぼくにも乳用牛、飼えるかな? 牧場へ行こう 乳用牛とは大昔から友だちだった 栄養たっぷり、おいしいね

乳用牛トップ >> 栄養たっぷり、おいしいね >> 神様がくれた完全食品【牛乳の栄養価と食品表示】 >> 牛乳の成分

栄養たっぷり、おいしいね  

神様がくれた完全食品【牛乳の栄養価と食品表示】

牛乳たっぷりの乳製品

牛乳・乳製品のアイデア料理

ハイジもチーズをつくっていた【外国の牛乳利用】

牛乳の成分

写真1

牛乳のおもな成分

 おもな成分としては、乳タンパク質、乳脂肪、乳糖、無機質とビタミンがあります。

乳タンパク質:

これに含まれるアミノ酸は特にすぐれており、必須アミノ酸の含量 とバランスは、相撲でいえば横綱クラスです。乳タンパク質の80%はカゼインで、この他にアルブミンや、グロブリンがあります。

乳脂肪:

風味がよく、粒子が微細なので、消化と吸収がとても速やかです。

乳糖:

弱い甘味があり、腸内の有用な細菌を活性化させるので、健康には大いに役立ちます。しかも悪玉 微生物を抑えて、腸内微生物のバランスをよくします。乳糖中に含まれるガラクトースは、脳や神経の発達に大切です。

無機質:

カルシウムが特に重要です。牛乳と乳製品のカルシウムは、さまざまな食品の中でも最も高い吸収率を示します。

ビタミン:

ビタミンAとB2が多く、有用な他のビタミンもたくさんあります。

©2005 Japan Livestock Industry Association All Rights Reserved.