畜産ZOO鑑
トップページへ

WWW 検索 zookan.lin.gr.jp 検索
よろず畜産
乳用牛 肉用牛 豚 鶏 馬 めん羊 山羊 特用家畜
養鶏(ようけい)って何? 鶏のからだのひみつ ぼくにも鶏、飼えるかな? 養鶏場へ行こう 鶏とは大昔から友だちだった 栄養たっぷり、おいしいね

鶏トップ >> ぼくにも鶏、飼えるかな? >> 9週間で体重が70倍以上に【肉用鶏の飼育上の注意】 >> 肉用鶏のエサの特徴

ぼくにも鶏、飼えるかな?  

トウモロコシが大好き【エサの与え方】

かわいいヒナが生まれたよ【ヒナの育て方】

9週間で体重が70倍以上に【肉用鶏の飼育上の注意】

ちゃんと世話しないと病気になっちゃう【おもな病気と対策】

ウンチが土を豊かにする【ふん尿の処理と利用】

肉用鶏のエサの特徴

肉用鶏のエサ

 ブロイラーの場合は通常、7-8週齢にと畜・解体し食肉にします。この間の飼料は前期(餌付け:えづけから21日齢)と後期(21日齢以降)に分かれています。いずれも卵用鶏に比べ、タンパク質、エネルギーとも約10%ほど高いものになります。原料を粉砕した状態のものと、粒状に固めたペレット、ペレットを荒砕きしたクランブルなどがありますが、ブロイラーには食い込みのいいペレットおよびクランブルが多く使われます。雌雄ともに体重がおおむね2.6kg程度になるまで飼育しますが、この間の飼料摂取量は体重の2.1倍くらいです。
 「地鶏」には多様な種類がありますが、一般には卵肉兼用種といった位置づけです。肉にするまでの飼育期間が長いので、ブロイラーのような高タンパク質、高エネルギーの飼料は必要ありません。

肉用種鶏のエサ

 ここでいう肉用種鶏とは、種卵を取るための肉用鶏の種雌鶏のことです。とくにブロイラー種鶏は増体にすぐれますが、太りすぎで産卵が低下することから、体重を調整する必要があります。育成期から産卵期を通じた制限給飼により、産卵性の改善をはかります。
 ブロイラーの銘柄によって異なりますが、標準体重にあわせて飼料の給与量を設定します。目標とする体重は、24週齢時において、自由摂取した鶏の体重の50-60%といわれています。産卵を開始したら、体重と産卵の伸びをみながら適正量を給与します。

©2005 Japan Livestock Industry Association All Rights Reserved.