畜産ZOO鑑
トップページへ

WWW 検索 zookan.lin.gr.jp 検索
よろず畜産
乳用牛 肉用牛 豚 鶏 馬 めん羊 山羊 特用家畜
スピード、スタミナ、もっているよ やさしく声をかける 人間とくらす 人と馬とが一体になる もっと、もっとなかよくなろう

馬トップ >> 人間とくらす >> 大切な日本在来馬【在来馬品種】 >> 与那国馬(よなぐにうま)

人間とくらす  

蹄(ひづめ)はどうして1本なの?【馬のからだの進化】

人間との歴史【馬が家畜になるまで】

馬の歴史

大切な日本在来馬【在来馬品種】

世界の馬産業

馬よもやま話

与那国馬(よなぐにうま)


与那国馬

最西端の島に生きる在来馬

 日本最西端の与那国にいる与那国馬は、鹿毛を主体とした体高110-120cmあまりのポニーです。2003年現在では、97頭ほどが飼育されています(出典:(社)日本馬事協会)。
 これらの馬の需要がないため、地元では子供達とのふれあいや観光資源としての活用が考えられています。

子供たちのパートナーへ転身する与那国馬

 与那国馬は、島の子供たちのパートナーとして活躍できる方向へ転身し始めました。そのため町立の「与那国馬ふれあい広場」では、数頭の与那国馬を飼養し、いつでも遊びに来た子供たちが馬とふれあえる場所を提供しています。

関連リンク

 畜産ZOO鑑内の関連ページ

©2005 Japan Livestock Industry Association All Rights Reserved.