畜産ZOO鑑
トップページへ

WWW 検索 zookan.lin.gr.jp 検索
よろず畜産
乳用牛 肉用牛 豚 鶏 馬 めん羊 山羊 特用家畜
養鶏(ようけい)って何? 鶏のからだのひみつ ぼくにも鶏、飼えるかな? 養鶏場へ行こう 鶏とは大昔から友だちだった 栄養たっぷり、おいしいね

鶏トップ >> ぼくにも鶏、飼えるかな? >>  ちゃんと世話しないと病気になっちゃう【おもな病気と対策】 >> ワクチン投与・ワクチン接種

ぼくにも鶏、飼えるかな?  

トウモロコシが大好き【エサの与え方】

かわいいヒナが生まれたよ【ヒナの育て方】

9週間で体重が70倍以上に【肉用鶏の飼育上の注意】

ちゃんと世話しないと病気になっちゃう【おもな病気と対策】

ウンチが土を豊かにする【ふん尿の処理と利用】

ワクチン投与・ワクチン接種

写真1
ニューカッスル病:くびをのばした呼吸、脚のマヒなどがあらわれる
写真2
鶏痘(けいとう)
写真1
ワクチン接種

ワクチンで伝染病の予防

 直接の治療薬のないウイルス病は、ワクチンで予防しておくことが必要です。またワクチンが開発されている細菌病もあります。病原性が複雑で、ワクチンのききめが不確実なもの、ひじょうに有効なものまでいろいろです。
 ウイルス病のニューカッスル病や、カ、ヌカカ(吸血昆虫)などがウイルスを媒介して伝染する鶏痘(けいとう)などのワクチン接種は、家庭で鶏を飼うときにもぜひ実行しておくべきです。養鶏場の鶏に対しては、マレック病、伝染性気管支炎、伝染性コリーザなどのワクチンも接種されます。

ワクチンで予防できる伝染病症状

ニューカッスル病(ND):

大量急死、緑色下痢、呼吸器症状、神経症状、異常卵、産卵停止

鶏痘(FP):

とさかなどの発痘(はっとう)、産卵低下

マレック病(MD):

痩せる、脚・翼・頸などのマヒ

伝染性気管支炎(IB):

呼吸器症状、産卵低下、卵殻異常、卵白の水様化、下痢

伝染性コリーザ(IC):

鼻汁、顔面のはれ

ワクチンのうちかた

 ワクチンには生ワクチンと不活化ワクチンがあり、接種のしかたも異なります。
 生ワクチンは点眼・点鼻、噴霧接種、飲水投与など、不活化ワクチンは筋肉注射、皮下注射などによって行います。その病気の流行状況、飼育場所の病歴・汚染状況、ふんの除去、そうじのしかたなどを考慮して、計画的にワクチン接種を行う必要があります。

関連リンク

 関連サイト

©2005 Japan Livestock Industry Association All Rights Reserved.