畜産ZOO鑑
トップページへ

WWW 検索 zookan.lin.gr.jp 検索
よろず畜産
乳用牛 肉用牛 豚 鶏 馬 めん羊 山羊 特用家畜
養鶏(ようけい)って何? 鶏のからだのひみつ ぼくにも鶏、飼えるかな? 養鶏場へ行こう 鶏とは大昔から友だちだった 栄養たっぷり、おいしいね

鶏トップ >> ぼくにも鶏、飼えるかな? >>  ちゃんと世話しないと病気になっちゃう【おもな病気と対策】 >> 健康状態の観察、異常の発見

ぼくにも鶏、飼えるかな?  

トウモロコシが大好き【エサの与え方】

かわいいヒナが生まれたよ【ヒナの育て方】

9週間で体重が70倍以上に【肉用鶏の飼育上の注意】

ちゃんと世話しないと病気になっちゃう【おもな病気と対策】

ウンチが土を豊かにする【ふん尿の処理と利用】

健康状態の観察、異常の発見

写真1
緑便
写真2
異常卵

ふんは健康のバロメーター

 ふんの色、とくに緑色のもの、黄色がかったり異常に白い下痢便、血便や肉様便などがみられたら、病気にかかっている可能性があります。ただし、エサが不足するとふんの色が変化し水様便になること、通常でもふんには白色のおしっこがまざっていること、夏期にはたくさんの水を飲むため、水様便になることなども頭に入れておかなければなりません。

鶏の様子・卵の変化

「キッキッ」「ニャーニャー」など呼吸器病にともなう奇声は、夕方の静かな時によく聞き取れます。食欲不振、産卵の低下、羽を逆立てる、ふるえる、とさかや顔がはれる、貧血、とさかが白い、あるいは暗赤色、脚がマヒしたり首が曲がるなど、病気の症状は複雑です。卵の殻が薄くて弱い、殻の色がなくなった、卵白が異常に水様でゆで卵が固まらないという具合に、卵質が低下することもあります。
 ただし、正常な場合でもエサをのどにつまらせて奇声を発する、換羽(かんう)に入って羽が抜ける、雌鶏が卵を温めるため巣について痩せるといったことがあります。異常を見分けるのは案外むずかしいものなので、毎日鶏をよく観察することが大切です。

©2005 Japan Livestock Industry Association All Rights Reserved.