畜産ZOO鑑
トップページへ

WWW 検索 zookan.lin.gr.jp 検索
よろず畜産
乳用牛 肉用牛 豚 鶏 馬 めん羊 山羊 特用家畜
酪農(らくのう)って何? 乳用牛のからだのひみつ ぼくにも乳用牛、飼えるかな? 牧場へ行こう 乳用牛とは大昔から友だちだった 栄養たっぷり、おいしいね

乳用牛トップ >> ぼくにも乳用牛、飼えるかな? >> ウンチが土を豊かにする【ふん尿の処理と利用】 >> 肥料としての利用

ぼくにも乳用牛、飼えるかな?  

1日に30kgも食べるんだって【エサの与え方】

草やワラがおいしい牛乳にかわる【エサ作り】

りっぱなお母さんになるために【子牛の育て方】

ちゃんと世話をしないと病気になっちゃう【おもな病気と対策】

ウンチが土を豊かにする【ふん尿の処理と利用】

肥料としての利用

写真1
牛のふんからできた堆肥はおいしい野菜作りに役立つ
写真2
出典:『畜産(教師指導用)』(農文協 刊)

土地、作物、環境にも好影響

 土作り、作物の生育、そして作業環境の上からも、堆肥は以下のような好影響をもたらします。

1.良質な堆肥は清潔感があり、ハエの発生や悪臭もないため、作業環境に不快感がない

2.多量に施用しても害はないため、出来上がった作物も安全性が高く、高品質

3.堆肥は黒褐色をしていて、春先のように土がまだ冷たい時でも地温を上げる効果があり、作物の生育を助ける

4.畑に施用すると、有機物や肥料成分を増やし、土壌(どじょう)に役立つ微生物を増加させて土の健康(成分・構造)を増進させる。こうして作られた作物は収量、品質ともに向上する

5.堆肥作りには堆肥舎や運搬・切り返し用の作業機械(バケットローダ)があれば省力的に作ることができる

6.余った堆肥を畑作農家などに販売すれば、収入源にもなる

7.敷料として再利用できる。従来、乳用牛の敷料として利用していたオガクズが、原材料(丸太)の輸入減少で入手しにくくなったので、その代わりとして(戻し堆肥と呼ぶ)

関連リンク

 畜産ZOO鑑内の関連ページ

©2005 Japan Livestock Industry Association All Rights Reserved.