畜産ZOO鑑
トップページへ

WWW 検索 zookan.lin.gr.jp 検索
よろず畜産
乳用牛 肉用牛 豚 鶏 馬 めん羊 山羊 特用家畜
酪農(らくのう)って何? 乳用牛のからだのひみつ ぼくにも乳用牛、飼えるかな? 牧場へ行こう 乳用牛とは大昔から友だちだった 栄養たっぷり、おいしいね

乳用牛トップ >> ぼくにも乳用牛、飼えるかな? >> ウンチが土を豊かにする【ふん尿の処理と利用】 >> 乳用牛のウンチ

ぼくにも乳用牛、飼えるかな?  

1日に30kgも食べるんだって【エサの与え方】

草やワラがおいしい牛乳にかわる【エサ作り】

りっぱなお母さんになるために【子牛の育て方】

ちゃんと世話をしないと病気になっちゃう【おもな病気と対策】

ウンチが土を豊かにする【ふん尿の処理と利用】

乳用牛のウンチ

写真1
どろどろしていて水っぽい牛の排泄物

成分と量

 牛乳を生産している乳用牛は、1日にたくさんの飼料を食べ、水を大量に飲みます。そのうえ、食べた量以上のふんや尿を排せつします。おもな成分をあげると、ふんの水分含量は約87%、尿の水分含量は約99%と、排せつ物のほとんどが水分であることがわかります。
 1日当たり25kgの乳を生産する乳用牛の場合では、乾草を1日約18.5kg食べ、1日分の排せつ量はふんの量で約45kg、尿の量で約14kgとなります。年間1頭当たりのふんの量は約1万5800kg、尿の量で約4660kgにもなります。
 ただし、粗飼料(サイレージや乾草など)を一定量を与えますが、濃厚飼料(トウモロコシや穀類など)は乳量に応じて与えるので、ふんの量は給与する飼料の量によって異なります。そのため、牛乳を出さない乾乳期の牛と、牛乳を生産している牛とでは、排せつ量も変わります。

©2005 Japan Livestock Industry Association All Rights Reserved.