畜産ZOO鑑
トップページへ

WWW 検索 zookan.lin.gr.jp 検索
よろず畜産
乳用牛 肉用牛 豚 鶏 馬 めん羊 山羊 特用家畜
酪農(らくのう)って何? 乳用牛のからだのひみつ ぼくにも乳用牛、飼えるかな? 牧場へ行こう 乳用牛とは大昔から友だちだった 栄養たっぷり、おいしいね

乳用牛トップ >> ぼくにも乳用牛、飼えるかな? >> りっぱなお母さんになるために【子牛の育て方】

ぼくにも乳用牛、飼えるかな?  

1日に30kgも食べるんだって【エサの与え方】

草やワラがおいしい牛乳にかわる【エサ作り】

 りっぱなお母さんになるために【子牛の育て方】

ちゃんと世話をしないと病気になっちゃう【おもな病気と対策】

ウンチが土を豊かにする【ふん尿の処理と利用】

 
 

りっぱなお母さんになるために【子牛の育て方】

写真1 子牛が生まれると、母牛はからだをなめてあげる 写真2 生まれたばかりの子牛は病気にかかりやすい
写真3 たいせつな初乳を飲ませる 写真4 健康に育てるための子牛の家、カーフハッチ

 子牛が生まれて、親牛が出す最初の乳を「初乳」といいます。初乳には、子牛に必要な栄養や、病気を防ぐ免疫(めんえき)物質がたくさんふくまれています。
 生まれたときには初乳をたっぷり飲ませ、それから牛乳や人工乳をあたえ、少しずつ乾草(かんそう)などを食べさせて胃を発達させていきます。健康で大きな胃をもった牛に育てることで、りっぱな乳用牛になるのです。