畜産ZOO鑑
トップページへ

WWW 検索 zookan.lin.gr.jp 検索
よろず畜産
乳用牛 肉用牛 豚 鶏 馬 めん羊 山羊 特用家畜
肉用牛(にくようぎゅう)って何? 肉用牛のからだのひみつ ぼくにも肉用牛、飼えるかな? 農場へ行こう 肉用牛とは大昔から友だちだった 栄養たっぷり、おいしいね

肉用牛トップ >> ぼくにも肉用牛、飼えるかな? >> ウンチが土を豊かにする【ふん尿の処理と利用】 >> 堆肥として利用

ぼくにも肉用牛、飼えるかな?  

草を食べて、どうしてあんなに大きくなれるの【エサの与え方】

子牛のしつけも大変だ【子牛の育て方】

ちゃんと世話しないと病気になっちゃう【おもな病気と対策】

ウンチが土を豊かにする【ふん尿の処理と利用】

堆肥として利用


天日による予備乾燥と堆肥化

堆肥は、家畜のふん尿などを発酵させたもののことをいいます。田畑などの肥料となります。

堆肥(たいひ)の生産ポイント

 農家と普通住宅の混在が進む都市近郊では、より適切なふん尿処理を行わないと公害が発生しかねません。その場合、経営そのものが難しくなることがあります。
 そこで、ふん尿を発酵(はっこう)させて堆肥にします。じょうずにつくれば悪臭もなく、サラサラした清潔な手触りの堆肥(たいひ)になります。また、完熟堆肥は発酵によって寄生虫や有害菌が死滅し、雑草の種子も発芽力を失います。

 実際の堆肥のつくり方を示します。

1.水分調整:

肉用牛のふんの水分含量は約80%なので、オガクズやモミガラなどを約10%ほど混合して水分含量を60-75%に調整します。

2.堆積(たいせき):

発酵のため、材料を幅3-4m、長さ3-6m、高さ2mくらいの大きさに堆積します。

3.切り返し:

空気を入れて好気的発酵(はっこう)を促進させるために、切り返しを5回以上行います。発酵によって寄生虫や有害菌が死滅し、雑草の種子も発芽力を失います。

 最初の切り返し時の堆積内の温度は60-65度が目安で、15-20日ごとに切り返しを行い、約70-90日で黒褐色から黒色の完熟堆肥が完成します。

堆肥の効果

 堆肥は、化学肥料にくらべて遅効性(効き目がゆっくり)ですが、持続性が高く、どんな作物にも適しています。また、有機物を多く含んでいるので、地力を高め、収量の増加や作物の高品質化(とくに糖度が向上しておいしくなる)などの効果があります。
 完熟堆肥は敷料として利用されたり、1トン当たり700-1000円前後の価格で取引きされ、農家などに流通しています。最近では、スーパーなどで自家菜園やガーデニング用に、15-20kgの小袋詰めで販売されています。

©2005 Japan Livestock Industry Association All Rights Reserved.