畜産ZOO鑑
トップページへ

WWW 検索 zookan.lin.gr.jp 検索
よろず畜産
乳用牛 肉用牛 豚 鶏 馬 めん羊 山羊 特用家畜
肉用牛(にくようぎゅう)って何? 肉用牛のからだのひみつ ぼくにも肉用牛、飼えるかな? 農場へ行こう 肉用牛とは大昔から友だちだった 栄養たっぷり、おいしいね

肉用牛トップ >> ぼくにも肉用牛、飼えるかな? >> ちゃんと世話しないと病気になっちゃう【おもな病気と対策】 >> 人畜共通感染症

ぼくにも肉用牛、飼えるかな?  

草を食べて、どうしてあんなに大きくなれるの【エサの与え方】

子牛のしつけも大変だ【子牛の育て方】

ちゃんと世話しないと病気になっちゃう【おもな病気と対策】

ウンチが土を豊かにする【ふん尿の処理と利用】

人畜共通感染症

人畜共通感染症とは

 家畜から人へ、または人から家畜へ伝染する可能性のある病気を、人畜共通感染症といいます。
 日本でみつかっている病原体は、ウイルス、リケッチア、クラミジア細菌、原虫や寄生虫など約100種類近くになり、その約半数が実際に公衆衛生上注意すべきものとされています。たとえば狂犬病、流行性脳炎、炭そ病、結核、ブルセラ病、豚丹毒などがあります。
 また、犬と猫のパスツレラ病や皮膚糸状菌症、小鳥のオウム病など、伴侶(はんりょ)動物とよばれるペット動物との間でも激増しています。

家畜と人の衛生問題

 先進工業国や都市に人口が集中している都会では、人々の生活が農業・畜産・水産の現場と離れているため、産業動物とのつながりが見えにくいのが現状です。
 現在のところ、行政や家畜保健衛生所などがこの問題に地道に取りくみ続けているため、感染症の発生は低くおさえられています。平成14年度の調査では、法定伝染病の牛結核は1頭、ブルセラ病1頭でした。また、届け出伝染病である破傷風は53頭にすぎませんでした。ただし、いつの時代も農産物や畜水産物は人の食料である以上、家畜の衛生問題は人にも大きく関係しているのです。

©2005 Japan Livestock Industry Association All Rights Reserved.