畜産ZOO鑑
トップページへ

WWW 検索 zookan.lin.gr.jp 検索
よろず畜産
乳用牛 肉用牛 豚 鶏 馬 めん羊 山羊 特用家畜
肉用牛(にくようぎゅう)って何? 肉用牛のからだのひみつ ぼくにも肉用牛、飼えるかな? 農場へ行こう 肉用牛とは大昔から友だちだった 栄養たっぷり、おいしいね

肉用牛トップ >> ぼくにも肉用牛、飼えるかな? >> ちゃんと世話しないと病気になっちゃう【おもな病気と対策】 >> 健康状態のチェック

ぼくにも肉用牛、飼えるかな?  

草を食べて、どうしてあんなに大きくなれるの【エサの与え方】

子牛のしつけも大変だ【子牛の育て方】

ちゃんと世話しないと病気になっちゃう【おもな病気と対策】

ウンチが土を豊かにする【ふん尿の処理と利用】

健康状態のチェック

写真1
鼻が乾燥していたら発熱症状
写真2
矢板が薄すぎる悪い足

観察のポイント

 牛の健康状態は日ごろの観察が大変重要で、少しでも異常をみつけた場合にはすぐ処置をします。

 観察のポイントは、

1.エサの食いつきがよいか :

エサを与えると健康な牛は飼槽(エサ入れ)の回りに集まります。病気や発情の場合には食欲が低下するため、熱がないか、どこか痛くないかなど注意します。

2.反すうしているか :

健康な場合、エサを食べた後にはゆったりと横臥(おうが)して反すうをします。第1胃の食滞(食べたエサがとどまる)や鼓張症(第1胃がパンパンに張る)などの場合は、反すうが止まります。

3.鼻鏡(鼻のツラ)が乾いていないか :

発熱した場合には鼻鏡が乾きます。

4.ふんや尿の状態 :

胃腸炎の場合には泥状で悪臭があります。

5.ふんが硬くてコロコロしている:

便秘。

6.口から大量のヨダレを出し呼吸も速くて荒い:

濃厚飼料を盗み食いしたり、飼料が食道につかえています(食道こうそく)。

7.セキや鼻汁を出している :

肺炎や風邪の症状。とくに、冬に子牛がすき間風にあたった場合や、春に初めて放牧に出した場合に見られます。

8.牛がビッコをひく :

蹄(ひづめ)や肢の筋肉や骨の異常。

 正常な体温は成牛では38.0-39.5度、子牛では38.5-39.5度ですが、肺炎、胃腸炎などでは40度以上になります。

©2005 Japan Livestock Industry Association All Rights Reserved.