畜産ZOO鑑
トップページへ

WWW 検索 zookan.lin.gr.jp 検索
よろず畜産
乳用牛 肉用牛 豚 鶏 馬 めん羊 山羊 特用家畜
めん羊のからだのひみつ ぼくにもめん羊、飼えるかな? めん羊牧場へ行こう めん羊とは大昔から友だちだった 栄養たっぷり、おいしいね

めん羊トップ >> めん羊とは大昔から友だちだった >> 世界のめん羊飼育

めん羊とは大昔から友だちだった  

世界のめん羊飼育

飼育数、羊肉生産のトップは中国

 世界では10億560万頭(2001年)ものめん羊が、多くの国々でそれぞれの目的をもって飼育されています。ここ数年間はやや減少傾向ですが、アフリカとアジアでは着実に増頭しており、これらの地域では、めん羊が食料生産のためにきわめて重要な家畜であるといえます。現在、最も多く飼われているのは中国の1億3316万頭で、これまでトップの座を譲らなかったオーストラリアは、羊毛価格の低迷や干ばつなどの影響による頭数の減少で第2位 (1億2000万頭)、次いでインドの5820万頭となっています。
 羊肉においても中国は、ヨーロッパ全土を合わせたよりも多い144万トンを生産して第1位 、次いでオーストラリアの66万トン、ニュージーランドの56万トンの順となっています。しかし、輸出量ではニュージーランドの38万トンが最も多く、第2位はオーストラリアの31万トンであり、この両国で世界の羊肉貿易量 の約72%を占めています。

※数値データの出典は『国際農林水産統計2002』(農林水産省統計情報部、平成15年3月発行)より

羊毛大国オーストラリア

 オーストラリアは世界の羊毛の30%に当たる70万トンを生産する羊毛大国ですが、牧羊の歴史は比較的新しく、1797年に南アフリカからスパニッシュ・メリノを輸入したことに始まります。以来オーストラリアは良質の羊毛を生産するメリノの増殖に力を注ぎ、世界最大の羊毛生産国に発展しました。また、隣国のニュージーランドでは、1834年にオーストラリアからメリノを輸入して牧羊が開始されましたが、1860年代に多くの英国種が輸入され、毛肉兼用型のめん羊飼育が進められてきました。

2001年世界のめん羊飼育頭数と生産物
  飼養頭数(百万頭) 羊肉生産量(千トン) 羊毛生産量(千トン)
中国 133.2 1,435 305
オーストラリア 120.0 663 700
インド 58.2 230 48
ニュージーランド 44.0 562 250
アフリカ 250.1 1,174 212
ヨーロッパ 144.8 1,271 255
中・南アメリカ 82.8 229 172
北アメリカ 7.8 114 23
資料:FAO Production Yearbook

©2005 Japan Livestock Industry Association All Rights Reserved.