畜産ZOO鑑
トップページへ

WWW 検索 zookan.lin.gr.jp 検索
よろず畜産
乳用牛 肉用牛 豚 鶏 馬 めん羊 山羊 特用家畜
めん羊のからだのひみつ ぼくにもめん羊、飼えるかな? めん羊牧場へ行こう めん羊とは大昔から友だちだった 栄養たっぷり、おいしいね

めん羊トップ >> めん羊とは大昔から友だちだった >> 日本のめん羊飼育

めん羊とは大昔から友だちだった  

日本のめん羊飼育

明治時代から終戦まで

 日本に残る最も古いめん羊の記録は、日本書紀といわれており、「推古七年(西暦599年)の秋9月の癸亥の朔に、百済が駱駝一匹・驢(ロバ)一匹・羊二頭、白い雉一羽をたてまつった。」としるされています。ただし産業としてめん羊が飼育されるようになったのは、明治時代になってからのことです。

 めん羊の「めん」には、「緬」という字が当てられています。これは、羊毛が縮んで波打つように見えることから、明治時代のころに輸出の花形であった縮緬(ちりめん:一面に細かなしぼりのある絹織物)の「緬」をとって名付けられたといわれています。

 明治維新後、欧米文化の流入とともに毛織物の需要が増大し、政府は羊毛の国内生産を目的としてめん羊の飼養奨励に力を入れました。明治2年にアメリカからスパニッシュ・メリノを輸入したのを最初に、6000頭以上ものめん羊が輸入されましたが、飼養管理技術や衛生対策の不備から頭数は減少し、明治21年にはこの事業を中止しています。
 その後、第1次世界大戦のぼっ発によって羊毛が輸入できなくなったことから、大正7年に100万頭増殖計画、昭和10年代には日華事変および第2次世界大戦による軍需羊毛の自給のためのめん羊飼養奨励が国策として行われました。しかし、多数のめん羊の輸入や各種の補助金、奨励金を出して手厚い助成を行ったにもかかわらず、飼養頭数は終戦の昭和20年に18万頭で終わっています。

第二次世界大戦後から現在まで

 第二次世界大戦後には衣料資源の不足によって急激にめん羊飼養熱が高まり、コリデールを中心として昭和32年には94万頭にまで増頭しました。しかし、輸入羊毛の増加に伴って国産羊毛の価格の下落や、ハム、ソーセージなどの加工原料肉としての需要が高まる中で、国内のめん羊は多数と殺され、昭和51年にはわずか1万頭余りになってしまいました。
 その後、米の生産調整に伴う水田利用再編対策や村おこし、有畜農家の育成などの観点から肉用種のサフォークが導入され、一時は脚光を浴びて3万頭余りまで増頭しましたが、現在は、ラム肉生産を主体として、1万1121頭(平成12年)が飼育されているにすぎません。

年次 飼育戸数(戸) 飼育頭数(頭) 一戸当頭数(頭)
昭和32年 643,300 944,940 1.5
  40年 156,000 207,060 1.3
  51年 2,190 10,190 4.7
  56年 2,150 15,900 7.4
  61年 3,080 26,200 8.5
  63年 3,080 28,500 9.3
平成1年 2,900 29,800 10.3
  2年 2,840 30,700 10.8
  3年 2,500 30,300 12.1
  4年 2,240 29,200 13.0
  5年 1,870 27,200 14.5
  6年 1,550 24,900 16.1
  9年 1,010 16,300 16.1

  12年

947 11,121 11.7

資料:1997年までは、農林水産省「畜産統計」(農林水産省統計速報)。2000年は、(社)中央畜産会調べ

©2005 Japan Livestock Industry Association All Rights Reserved.