畜産ZOO鑑
トップページへ

WWW 検索 zookan.lin.gr.jp 検索
よろず畜産
乳用牛 肉用牛 豚 鶏 馬 めん羊 山羊 特用家畜
めん羊のからだのひみつ ぼくにもめん羊、飼えるかな? めん羊牧場へ行こう めん羊とは大昔から友だちだった 栄養たっぷり、おいしいね

めん羊トップ >> めん羊牧場へ行こう >> 飼育目的と利用目的

めん羊牧場へ行こう  

飼育目的と利用目的

飼育目的

 日本では、めん羊飼育を専業とすることは収益性の面で非常に難しく、畑作や稲作などの基幹作目との複合経営が一般的です。
 めん羊の飼育目的には、主な生産物である羊肉、羊毛の生産の他、種畜販売、血液採取、堆肥(たいひ)生産などがあります。これらを組み合わせた経営形態が考えられますが、いずれの場合にも、繁殖に使わない子羊は肉として利用することになります。

特性を活かした利用

 めん羊は生産物を得る他にも多くの利用目的のある家畜であり、めん羊の特性を活かした飼育方式も実践されています。
 例えば、果樹園や造林地にめん羊を放して下草を食べさせる、いわば草刈機としての利用です。これまで、人の手で行っていた下草刈りを、めん羊に行わせることによって労力と経費の節減となり、さらに羊肉生産による収入も期待できます。このように身近にある飼料資源を有効に利用し、めん羊の持つ特性を十分に活かしてこそ、めん羊の価値がさらに生まれてくるのです。
 また、めん羊はおとなしく親しみやすい家畜であることから、ふれあい牧場や観光施設、ファームイン(農家民宿)などで人気が高く、都会の人たちへの動物とのふれあいや安らぎの場を提供し、都市と農村を結ぶ架け橋のような役割も果たしています。

関連リンク

 畜産ZOO鑑内の関連ページ

©2005 Japan Livestock Industry Association All Rights Reserved.