ウサギ 抱き方・気をつけること

抱き方

●抱(だ)いてみよう

しゃがんだ低い姿勢(しせい)で、静かに近づき、ウサギが逃(に)げなければ、やさしく背中(せなか)をなでて、慣れさせます。

抱き上げた後でウサギが暴れたりひっかいても、おどろいて手を離(はな)さないようにしてください。その場合には、あわてず姿勢を低くして、地面 に近いところまでウサギを降ろしてから、手を離しましょう。

●ウサギに赤ちゃんがいるときに気をつけること

母ウサギは出産が近くなると自分の胸(むね)やおなかの毛をむしって巣をつくります。このころから産後2週間くらいまでは落ちついて子育てができるように、巣箱を何度ものぞいたり、赤ちゃんウサギにさわったりしないようにしましょう。生まれてからだいたい1カ月半くらいで乳ばなれします。

●先生方へ

ウサギは繁殖力が高く、妊娠しやすいので、油断していると子ウサギが増えて、飼育小屋がすぐいっぱいになってしまいます。数を増やさないために、オスは去勢した方がよいでしょう。去勢するとオス同士のケンカも少なくなります。

またはオスとメスを完全に分けて住まわせ、一緒にならないようにしてください。

▲このページの先頭へ

学校飼育動物の飼い方タイトル