ニワトリとチャボ 抱き方・気をつけること

よい抱き方(右)・わるい抱き方(左)

●抱(だ)いてみよう

羽をつかんでぶらさげると、羽が抜けたり、骨(ほね)が折れてしまうことがあります。じょうずに抱くには、ニワトリを包み込(こ)むように自分の胸に抱き上げ、体にぴったりくっつけてかかえましょう。暴れて逃(に)げ出さないように、両方の脚(あし)を軽くつかみます。

慣れないうちは、しゃがんでひざの上で抱くのがよいでしょう。

●ヒナの育て方

ヒナから育てるのなら、春か秋が育てやすい季節です。ヒナは体温調節をする力が弱いので、簡単(かんたん)な育すう器をつくってあげましょう。

ヒヨコ電球や白熱電球を入れ、温度が30〜35度になるように温めます。ゆったりと寝ていたり、思い思いに広がっているようならちょうどいい温度です。ピーピーとかん高く鳴きながら寄りそっているなら温度が低すぎ、翼(つばさ)を広げて口を開け苦しそうにしているなら高すぎです。

エサは、水を含ませてねり餌(え)にしたヒナ用の配合飼料(はいごうしりょう※)を、紙の上に広げてあたえます。配合飼料は時期によって、幼すう用(ようすうよう:エサを食べ始めたころ〜30日齢)、中すう用(〜70日齢)、大すう用(〜卵を産む直前)があります。

※配合飼料:トウモロコシやダイズなど、いくつかの原材料を混ぜ合わせてつくられたエサのこと

▲このページの先頭へ

学校飼育動物の飼い方タイトル