畜産ZOO鑑
トップページへ

WWW 検索 zookan.lin.gr.jp 検索
よろず畜産
乳用牛 肉用牛 豚 鶏 馬 めん羊 山羊 特用家畜
養豚(ようとん)って何? 豚のからだのひみつ ぼくにも豚、飼えるかな? 養豚場へ行こう 豚とは大昔から友だちだった 栄養たっぷり、おいしいね

豚トップ >> 栄養たっぷり、おいしいね >> 耳から足まで【豚肉が市場に出るまで】 >> 豚肉の部位と利用法その1

栄養たっぷり、おいしいね  

耳から足まで【豚肉の部位と栄養価】

みんな大好き【さまざまな加工品】

豚肉をつかったアイデア料理

外国の豚肉利用

豚肉の部位と利用法その1

上手に利用して、おいしく食べよう(写真:日本食肉格付協会提供)

写真3

かた
うでの部位のことです。よく運動する筋肉なので、ほどよく脂肪分を含み、色の濃いうまみのある部位です。やや硬めの肉質なので、シチューや豚汁などの煮込み料理や、薄切りでポークビーンズなどにむいています。

写真4

かたロース
ロースに続く肩側の肉で、脂肪がほどよく入っています。焼き肉や炒(いた)め物、煮物などに適しています。

写真5

ロース
胸から腰にかけての背側の肉で、きめが細かくて柔らかい高級部位です。脂肪も適度に含むのでとんかつやポークソテーにむいています。加工品として、日本特有のロースハムの原料にもされます。

写真6

もも
「うちもも」と「しんたま」に分かれます。赤みが多い部分で、脂肪が少なく柔らかい肉質が特徴です。調理法は焼豚から八宝菜までバラエティーに富んでいます。またボンレスハムに加工される部位です。

写真8

ばら
ロースを取り除いた胴部の腹側の肉で、脂肪が多いことから三枚肉とも呼ばれ、焼豚や肉じゃがのような料理に適しています。ベーコンの原料として通常この部位を使います。

写真9

ヒレ
最もきめが細かく脂肪も少なく淡泊な味わいの肉です。柔らかいのでお年寄りにも好まれ、ヒレかつなどに利用されます。豚1頭から取れる量も少ないことから一番高価な部位です。

そともも
脂肪が少なく柔らかい部位です。淡泊な味の部位なので、角煮やシチュー、豚汁に使えます。

関連リンク

 関連サイト

©2005 Japan Livestock Industry Association All Rights Reserved.