畜産ZOO鑑
トップページへ

WWW 検索 zookan.lin.gr.jp 検索
よろず畜産
乳用牛 肉用牛 豚 鶏 馬 めん羊 山羊 特用家畜
養豚(ようとん)って何? 豚のからだのひみつ ぼくにも豚、飼えるかな? 養豚場へ行こう 豚とは大昔から友だちだった 栄養たっぷり、おいしいね

豚トップ >> ぼくにも豚、飼えるかな? >> ちゃんと世話しないと病気になっちゃう【おもな病気と対策】 >> 「予防衛生」って?

ぼくにも豚、飼えるかな?  

何でも食べ、おいしい肉に変えてくれる【エサの与え方】

子豚にはそれぞれ専用のおっぱいがある【子豚の育て方】

ちゃんと世話しないと病気になっちゃう【おもな病気と対策】

ウンチが土を豊かにします【糞尿(ふんにょう)の処理と利用】

「予防衛生」って?


踏込消毒槽

蔓延(まんえん)防止

 豚を新しく導入する場合、導入先での各種予防接種の内容や病気発生の有無を確認し、発生したことがあったり、その疑いがあれば導入しないようにします。また、導入した豚は最低1-2週間他の豚群から隔離し、健康上の問題点について観察し、必要に応じては血液、ふん便などの材料を採取し検査します。この一連の作業を検疫(けんえき)といいます。
 また人が病原菌やウィルスを持ち込まないために、豚舎への出入り時は専用の長グツ、つなぎ、白衣、帽子などを着用し、豚舎や豚房、排水溝、汚水槽、運動場などの清掃や消毒を徹底的に行います。また、農場内に犬、猫、鳥類(カラスなど)を入れない工夫(門扉、塀、防鳥ネットなど)をしたり、ねずみの駆除も行います。

予防注射

 伝染性がある病気の発生とその蔓延を予防するために、ワクチンを対象動物に投与し、病気に対する免疫(抵抗力:ていこうりょく)をつける予防注射を行います。ワクチンは有効に安全に使用するように、医師、獣医師、薬剤師などの指示で、投与する量や時期、方法が厳格に決められています。
 現在、日本国内で実用化されている豚用のワクチンには豚コレラ生ワクチン、日本脳炎ワクチン、豚パルボウイルス感染症ワクチン、豚伝染性胃腸炎ワクチン、豚インフルエンザ不活化ワクチン、豚ボルデテラ感染症ワクチン、豚ヘモフィルス感染症不活化ワクチン、豚大腸菌ワクチン、豚オーエスキー病生ワクチンがあります。

関連リンク

 畜産ZOO鑑内の関連ページ

©2005 Japan Livestock Industry Association All Rights Reserved.