畜産ZOO鑑
トップページへ

WWW 検索 zookan.lin.gr.jp 検索
よろず畜産
乳用牛 肉用牛 豚 鶏 馬 めん羊 山羊 特用家畜
養豚(ようとん)って何? 豚のからだのひみつ ぼくにも豚、飼えるかな? 養豚場へ行こう 豚とは大昔から友だちだった 栄養たっぷり、おいしいね

豚トップ >> ぼくにも豚、飼えるかな? >> 子豚にはそれぞれ専用のおっぱいがある【子豚の育て方】 >> オスに生まれると大変だぞ

ぼくにも豚、飼えるかな?  

何でも食べ、おいしい肉に変えてくれる【エサの与え方】

子豚にはそれぞれ専用のおっぱいがある【子豚の育て方】

ちゃんと世話しないと病気になっちゃう【おもな病気と対策】

ウンチが土を豊かにします【糞尿(ふんにょう)の処理と利用】

オスに生まれると大変だぞ


肥育目的の子豚は離乳後1週間前に去勢を行う

オスの役割

 雄豚は日齢とともに精巣が発達し、4カ月齢ごろになると精子ができはじめ、7カ月齢では性成熟に達します。しかし、養豚経営で必要な繁殖用オスの数はメスの1/10、つまりメス50頭に対してオスはたったの5頭であることから、本当に繁殖に役立つ個体だけがオスとしての働きをするのです。

どうして去勢をするの

 繁殖に使われない雄豚は肉用として肥育されることになり、離乳の1週間前あたりで去勢されます。去勢とは精巣を切り取ることで、この目的は、

1.雌雄の混飼を可能にする:

雄豚を群飼するとたがいに乗駕(じょうが)したり、雌豚を妊娠(にんしん)させたりするので、これらを回避する

2.肉質の改善:

雄豚の肉は繊維が粗く、不快な臭いがあるので、これをなくす

3.精肉歩留りの向上:

雄豚は骨格が太く体型が大きくなり精肉歩留りが悪くなるので、中性化させる

などがあります。しかし、去勢しない方が発育が速く、脂肪の比率で赤肉が多く生産されることや動物福祉などから、去勢しないで肥育したり、時期を遅らせたりすることもあります。

     

©2005 Japan Livestock Industry Association All Rights Reserved.